株式会社シンエイ TEL:0572-22-4074
メールでのお問合せ

オリジナル陶器ボトル

画像:MADE IN  TAJIMI japan

受け継がれし、四百年以上の歴史 美濃高田焼(美濃焼)

高田焼の産地、高田・小名田地区は美濃を代表する焼き物のまちとして古くから栄えてきました。
虎渓山永保寺が開かれた鎌倉時代には、既に山中のいたるところで庶民向けの器が生産され、また、安土桃山時代には美濃焼を代表する瀬戸黒が最初に焼かれるなど、その歴史は遥か遠い時代に遡ります。

しかし、どのような人々が焼き物に携わっていたかは定かではありません。

昭和二十四年に高田区と小名田区で高田陶磁器工業協同組合を設立。
今日に続く高田焼を始めた人物、陶祖を加藤与左衛門と定め、与左衛門が大平から移り住んだ元和二年(一六一六)を始まりの年とし、その偉業とたたえ、歴史・技術が受け継がれてきました。

図:販促品・贈答・お祝い・記念品 飲食店キープボトル・花瓶・インテリア 通いボトルなどなど お客様のアイディア・思いを形にしてオリジナル陶器ボトル作りませんか!!例えば吉四六型 形状選び カラーバリエーション メッセージを印字 お客様のアイディア・思いを形にしていきます 形状から完全オリジナルも作成可能です!!※オリジナル石膏型を作成するために費用が掛かります

★形状選び

  • 360ml(2合)
  • 720ml(4合)
  • 1800ml(1升)
  • 5400ml(3升)

よりお選びください。
※表示されてある形状以外もございますので、お気軽にご相談ください。

釉薬カラーバリエーション

形状によって取り扱える釉薬の色はさまざま!
お客様のイメージをお伝えください。

※形状によってはご案内が難しい釉薬も御座います。


例えば、、、

他にもご案内できる釉薬がたくさん御座います

ロットによっては、釉薬をオリジナルで作成することも可能です。

お気軽にお問合せください。

★印字方法

  焼成後の印字

  NO.1 転写紙による上絵印字

複雑な柄でも大量生産することが可能です。
カラー印字が可能です。

印刷したい文章やロゴを入稿(イラストレーターでの完全データー化をしていただき、アウトライン化されたもの)していただきます。
「シルクスクリーン印刷」により、上絵具が印刷された転写シールを使用いたします。

無地の陶器に転写紙を貼り付けて上絵窯(電気窯 温度750度くらい)で焼成いたします。

【注意点】

  • 転写紙を作成するにあたり、校正・版代がかかります。

  NO.2 上絵による手書き筆印字

焼き上がった商品に対し、職人さんが、筆を使って一本一本印字していきます。
書家による、筆使いは必見。

文字の色も多彩です。

例えば、、、

  焼成前の印字

  NO.1 手書きによる筆印字

職人さんが、筆を使って一本一本印字していきます。
書家による、筆使いは必見。

【注意点】

  • 工場によって、手書き職人が異なります。
  • 文字の大きさ・書体等はおまかせです。
  • 英語はご遠慮ください。
  • 文字数の多い横書きはできません。
  • 縦書きと横書きの併用はできません。
  • 電話番号はいりません。
  • 文字数は14文字ほど(形状により異なります)

  NO.2 ゴム判による印字

印刷したい文章やロゴを入稿していただきます。
デザインを元にゴム判を作成します。
判を使用し陶器にスタンプの用に印字していきます。

お店のロゴマークなどご指定文字がある場合におススメです。

【注意点】

  • あまり細かい文字の場合は印字できない場合がございます。
  • ゴム判を作成するにあたり、版代が掛かります。

  NO.3 銅板・シルク印刷による印字

  NO.4 パット印刷による印字

360ml(2合)

※画像をクリックすると拡大できます

720ml(4合)

※画像をクリックすると拡大できます

1800ml(1升)

5400ml(3升)